このサイトではDMを活用して商品やサービスの販売促進をするために、発送会社を活用して生産性を向上させる方法や、低コストでデザインを作成する方法などを紹介しています。
さらに、制作を委託する時の会社の選び方や実際の作り方、誤配などをトラブルを防ぐための実践的な方法などもチェックすることができます。
マーケティング施策を強化するためのダイレクトメールを作成する時に、役立つ情報を調べることができるサイトになっています。

DMは発送代行業者に依頼!効率的に営業を

DMは発送代行業者に依頼!効率的に営業を DMは優良顧客へのサービスを厚くしたり休眠顧客の掘り起こしたりと、効果的に商品やサービスをアプローチできますが、DMの企画やデザインから印刷の手配だけでなく、発送の準備や手配などが必要です。
実際にダイレクトメールを発送する時には郵便局や宅配業者に依頼することになるため、切手や宅配会社のシールや宛名シールを手作業で張り付けたりする必要があり社内で準備する時には細かな作業に人手や時間がかかりすぎてしまいます。
そんな時は発送代行業者に依頼すれば、宛名リストの作成から封入封緘、郵便局は宅配会社への受け渡しまですべて任せることができます。
代行会社を活用すれば社内の事務作業を削減できるだけでなく、社員はクライアントへの営業活動や新たな企画にしっかり時間をかけられるようになるのでおすすめです。

DM発送業者の利点と選ぶときに気を付けること

DM発送業者の利点と選ぶときに気を付けること DMの発送業者を利用すれば、自分で送る手間が省けます。
自分でDMを送らないといけないと、時間も手間もかかってしまいます。
忙しくて手が離せない人だと大変になるでしょう。業者に依頼すれば、すべての作業を引き受けてくれるのでとても楽です。
代わりに代行してもらうことができれば、忙しい人も時間に追われる必要がないです。
すべての人にお勧めすることができますが、業者を選ぶならレスポンスが早いところを選んでみるとよいです。
DMを送りたいと考えている人の中には、早く対応してもらいたいと考えている人も多いです。
その希望を聞いてくれたうえで、早い対応を心がけてもらえれば焦ってしまうことがありません。
発送自体の速さもそうですが、何か疑問や質問があったときに早く対応してくれれば、不満を感じることなく依頼することができるでしょう。
また、対応が親切であることも選ぶときに重要です。
ただ早い対応だけでは、十分だといえません。
親切で親身になって対応してくれれば、利用したほうとしても不安を感じることなく利用することができます。
まずは、親切であることを重視しながら選んでみると、選び方で失敗してしまったと思うことがなくなります。

DMが届く事によるレスポンスの起こる確率

商品やサービスの宣伝に使われるDMですが、ある意味で一方 的に送りつけるものなのでその開封率やレスポンス率に興味がある人も多いのではないでしょうか。
つまり届いたとしても見てもらわなければ意味がない、という事です。
ポストに届くものの中には重要なものもあるため、全く確認しないでゴミ箱に捨てる人はまずいないと思われます。
その部分がポスティングされるDMの強みですが、その先に進むためにもデザインや文言などの努力が必要です。
DMの開封率は80%弱ほどと言われており、一応見てみるか、と思う人がかなり多い事が窺えます。
しかし当然ながら中身が問題なので、内容を確認して購買へと繋げるレスポンスに関しては20%強ぐらいになるようです。
ただ、DM自体がかなりの分母を確保した広報活動なので、それぐらいの確率でもいいという考え方もあります。
1万通送れば2,000人ほどは反応してくれると考えれば、悪くない宣伝方法と言えるのではないでしょうか。

DMを見てもらうための特別感の演出方法とは

DMは最も簡単であり直接的な広告宣伝の方法です。
ダイレクトメールの略なので、顧客になってくれると思う人の家のポストに紹介の案内をひたすら入れていくというものです。
そんな事で宣伝になるのか、と思う人もいるでしょうが、実際の所家のポストにはそういったDMがよく入っている事からも、その効果が分かるというものと言えます。
ただし、ただの紙では目立てないのでどうにか目立たせる努力が必要です。
思い付きで描いた絵や字が目立つのはその通りですが、それはどこもやっているので、自社にしかない特別感を出す必要があるのです。
やり方はいくつもありますが、まず紙の質感と形をこだわってみると、見てもらえるきっかけになります。
触っただけで気持ちいい紙というものは意外とあるので、それで封筒タイプのものを作ってみるとか、中身を隠して開けてみたくなるような形状にするなど、様々な方法があります。
使い古されている部分もありますが、誰もが詳しい訳ではないので、そういった部分で攻める必要があるのでしょう。

DMを考えずに投函するのではなく分析する

家庭のポストへチラシを投函するDMですが、やみくもに投函しても効果は望めません。
チラシを大量に入れられている人は分かりますが一定以上のストレスがあるため、逆効果になる可能性もあるからです。
入っていて嬉しいのはお店の無料クーポン券などで、知らないところから来ていて嬉しいものといったらそういうものです。
しかし自分の興味がない商品のDMをいきなり入れられるのですから、入れる側も気を遣わないといけないのです。
やれることは限られますが、ある程度の分析は可能です。
この地域の住人は家庭持ちが多いからそれに似合った商品のDMを入れる、といったものです。
この地域には単身者が多いからそれ向けのものを、といった具合にやれる事はあるのです。
あまり個別に入れたり入れなかったりを調整するのも難しいので、やはり地域で分けて考える必要があるでしょう。
どうしても分からない場合は、DMのサービス会社に相談してみるとアドバイスをもらえます。

ターゲットを絞ってDMの効果を上げるためには

ダイレクトメールをポストに投函する広告の形態、DMですが、ただひたすら投函しただけではゴミになるのが関の山です。
ただし電子メールとは違って、この人だけに届けたいといった細かい設定がしにくいのもDMの特徴ですが、サービスによってはある程度それが可能だったりするのです。
それは地域による住民の違いであり、家族で住んでいる人たちはどこにでもいますが、例えば学生が多い街といった条件は付けられます。
学生をターゲットとした広告だった場合、学生街をピンポイントでターゲットにする事で効果が上がります。
こういった条件を付けやすい広告においては、どこにポスティングするかを明確にする事で効果が上がります。
とにかく投函するだけのDMですが、条件を付けることでしっかりと販促に繋がるので、そういった面で侮ってはいけない存在と言えるでしょう。
サービスによってはそこまでしてくれないところもあるので、宣伝文句をしっかり聞いてサービス会社を選別しましょう。

DMには様々な種類があり効果も変わって来る

それほど大きくない会社が商品を作り上げた時に、どうやって宣伝するか悩む事になります。
宣伝部などない小さな会社では、開発者や営業の人が兼業で宣伝しなければなりません。
そして、もっともシンプルな方法にDMが選ばれる事もあるのです。
チラシをポスティングするといった原始的な方法ですが、数が数千から数万と比較的低コストで可能なのでよく使われている手法です。
紙に商品の名前や特徴、買いたい場合の連絡先を書けばチラシは完了ですが、それは見てもらえるものと言えないでしょう。
そこで、DMはデザインを凝る必要があります。
種類もハガキだったり封筒だったり、冊子だったりと様々で、効果を考えると思わせぶりな事を書いておいて開くタイプのものが中々いいのではないでしょうか。
当然ながら複雑にするほどコストは上がって行くので、自社の体力合わせたものを選び、デザインするといいかもしれません。
ある程度テンプレートなどがネットに出回っているので、デザイナーを使わず自社でやってしまうとコストを抑えられます。

もっとDM発送の情報を探すなら

DM発送はこちら

新着情報

◎2021/4/14

初心者が取り入れやすい構成
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

DMを委託する業者の選び方
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「DM 発送」
に関連するツイート
Twitter

返信先:はい!大丈夫です。 どのように発送いたしますか? DMよりご連絡取りますか?

返信先:他1人お返事ありがとうございます! お振込みはゆうちょ銀行にお願いしたいと思っております。お振込み頂きましたら、優輝様の元へ発送させて頂きます。口座情報やご住所をお伺いするため、DMにてご連絡させて頂きますが、よろしいでしょうか?

返信先:ありがとうございます〜! 送料を負担していただけるのであれば発送可能です! 詳しいやり取りはDMにてよろしくお願いします🙇‍♀️💦

NCT127 sticker 交換 トレカ 譲 sticker ver. ユウタ( 悠太 ) 求 sticker ver. ジョンウ スリーブ+硬質ケース+防水対策で同日発送( ポスト投函 )希望です。同じ条件で対応できる方のみお願いいたします🙇🏼‍♀️ リプもしくはDMお待ちしております♡♡

BTS トレカ 交換 on:e MAP OF THE SOUL 求 ジョングク テヒョン 譲 ジン 防水 硬質ケース 同日発送希望です🙇‍♀️ 心当たりのある方リプまたはdmお願いします🙇‍♀️